信学会トップ>信学会ゼミナール >

ゼミナール屋代駅前校からのお知らせ

2018年6月23日

【中1・2国語】記述の力を付けるために

土曜日に行っている中1・2国語の授業。

授業の最初に、漢字12問+読解&記述問題1問の『開幕テスト』を行っています。

今週の問題用紙はこちらです。

小3⑧配布用

 

漢字は、前週に範囲を指定。

記述問題は、当日その場で初めて目にします。

制限時間は5分間です。

 

最初は面食らい、なかなか記述問題が書けない生徒もいます。

大切なことは、正解になる要素を必ず伝えることです。

 

「何を聞いている問題か」

「本文で、使うところはどこか」

「書かなければならない点は何か」

 

毎週書き、基準を学んでいくと、徐々に書けるようになります。

記述問題では「書く→採点→採点が合っているかの確かめ」が大切。

毎回の授業でこのサイクルを行い、近年の入試で重視されている記述の力を養っています。

 

PDFファイルのダウンロードはこちらからどうぞ。問題用紙 解答例

(文章はオリジナルであり、著作権は放棄していません。個人のご利用のみとして下さい。)

 

授業の無料体験、お問合せは、

026-274-0788 (火~土 13:30~19:00)

または

zemiyashiro@shingakukai.org

まで。お待ちしております。

TOP